首イボ スキンタッグ

スキンタッグは小さな良性イボ

【小さな首イボ】スキンタッグとは?

 

 

小さな首イボ・スキンタッグが出来る原因と予防、対処法について説明します。

 

 

若い頃は気にならなかったのに、年齢を重ねると共に
首や胸元にできてしまうイボに悩んでいる人は少なくありません。

 

 

特に首イボは人の目に触れる機会も多く、余計に気になってしまいます。

 

 

このようなイボの中で、
直径の大きさが1〜3mm程度の小さなものをスキンタッグと呼びます。

 

 

一般的には中高年になると発生しやすくなると言われていますが、
発生の原因は年齢だけではなく、衣服やアクセサリーの摩擦や紫外線など、

 

 

肌が刺激を受けることで発生することもあるため、
20代や30代も例外ではありません。

 

 

予防としては、窮屈な服を着続けることや、
毎日同じネックレスをつけることは避けた方が良いです。

 

 

ちなみにこのスキンタッグというイボは、痛みやかゆみが生じることはなく、
良性のため放置しても問題にはなりません。

 

 

しかしスキンタッグが気になるからといって何度も触る行為を繰り返すことは、
スキンタッグが大きくなってしまう原因となります。

 

 

なので出来てしまったら、
なるべく触らないことと刺激を与えないことが重要です。

 

 

もし急激に大きくなったり、痛みが生じるようになったら、
悪性の疑いも考えられるため専門科を受診した方が良いです。

 

 

また、スキンタッグを除去するには専門の治療が必要なため、
自己判断はせずに、必ず医師へ相談することが大切です。