首イボ アクロコルドン

首の小さなポツポツはアクロコルドンというイボ

【首イボ】首に出来る小さなポツポツの正体は?

 

 

アクロコルドンとは、首にできる小さなポツポツとしたイボです。
その首イボはだんだんと増えるのが特徴であり、
見た目にも大変に気になるいぼです。

 

 

特に襟やネックレスが引っ掛かるので不快なものですが、
アクロコルドンというその首イボは割に簡単に治療できるいぼです。

 


アクロコルドンの治療は凍結療法手術レーザー治療があります。

 

 

アクロコルドンは、主に首にできるいぼですが、
腋や鼠径部にもできることがあり特に皮膚が柔らかい場所に出やすく、

 

いぼも柔らかいのが特徴で、
色は肌色で2ミリ〜3ミリ程度の小さいものです。

 

 

年齢とともに数が増え、
女性や肥満の方に多く発症することがあると言われています。

 


一般的にいぼは、ウィルス感染が原因のものと非感染のものがありますが、
アクロコルドンは非感染性です。

 

 

中年以降の女性に発症が目立つのが特徴で、
30代から次第に首イボの発症の確率が高くなっていきます。

 

 

アクロコルドンは悪性腫瘍ではなく、皮膚の良性の腫瘍なので
あまり心配することはありませんが、衣類で摩擦を起こしたり、
誤まって引っかいてしまうと炎症が起こるので注意をします。

 

 

また見た目が気になる場合も早めに治療をすることが良いです。

 

 

アクロコルドンの治療方法は、良性腫瘍なので特に治療を施さなくても
問題はありませんが、刺激を与えて炎症が起きてしまった場合や、美容面を
考えて治療が必要な場合は、上記に挙げた適切な治療をおすすめします。