首イボ 原因

首イボが出来る2つの原因

まず、イボとは体や手足、顔などにできる痛みのない
デキモノのことをさすことが多いですが、

 

 

そもそもなぜこんなものが出来るのでしょうか。

 

基本的にイボには2種類の原因があり、
一つはウイルス感染によるものでもう一つは非感染性のものです。

 

特に首周辺に出来るイボはそのほとんどが非感染性のものの方が多いようです。
ウイルスに感染していないのにイボが出来る主な原因は加齢です。

 

 

イボが出来ることはいわゆる老化現象の一つであり、
首以外であれば皮膚が薄い部分にできることがあります。

 

ちなみに首イボは、30〜40代くらいから出来始める人が多いのですが、
たまに20代からできる人もいます。

 

何故、首イボが出来るの?首にポツポツが出来る原因って?

 

 

これらのは良性腫瘍であることが多いため、特に害があるわけではないのですが、
なぜできるのかははっきりとは分かっていません。

 

 

今有力な仮説としては、皮脂腺が発達することにより
皮膚の一部が外側に盛り上がってくるのではないか?
と考えられているようです。

 

 

年齢と共に増加傾向にあり、
肥満気味の方更年期以降の女性に多くみられます。

 

ちなみにウイルス性のイボは、触った手で他の場所を触ると
感染してしまうことが指摘されていますので注意が必要です。

 

 

首イボは一般的に短期間で大きくなるものでなければ
良性であることが多いのですが
不安であれば医師の診察を受けると良いでしょう。